スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FXの相対取引の仕組と特徴について


FX(外国為替証拠金取引)は相対取引といって、取引を行う当事者
同士がお互いに価格や数量、取引方法を決めて、市場を介さない
で行う取引で、オー・ティー・シー取引ともいいます。



こうしたことから、同じドル/円のレートであっても銀行・為替取引
業者から様々なレートが提示されます。



ですので、我々とレーダーがFXで実際に取引できるレートは取引
される各取引業者により異なります。



また、当日の高値安値も取引業者によって異なりますので、指値
や逆指値が約定しなかった場合には問題が生じることとなります。



取引業者の中でも、取引レートをチャートや価格データという形で
公表している業者は問題ございません。



しかし、取引業者によって情報を公表していない場合には顧客に
よって、異なる取引レートが設定されることもありえます。



また、ロイターから発表されるレートは複数の銀行から得た気配値
レートであることから、レートのブレ見られることもございます。



これが株式の場合ですと、証券取引所にて取引を集中させるので、
どの証券会社であっても東京証券取引所で取引される場合には、
同銘柄、同時刻であれば同じ値段で提示されます。



なので、色々な場面で、表示されるレートが異なることから不安に
思われるかもしれませんが、上述したことが原因です。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : オー・ティー・シー取引

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。