スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FX取引会社と証券会社どちらがよいか


これほどまでに金融不安が続くと誰が予想できたでしょうか?。


こうした状況が長く続くことで、金融機関に対してより信用が問わ
れることになるわけですが、そうした傾向が今後さらに進むことに
より一般の企業も信用が問われることになりそうです。



なので、今回は取引会社を選ぶ上での注意点について簡単では
ございますが、解説させて頂きたいと思います。



FX専業の取引会社とネット証券と何が違うのか?または、安全性
について比較した場合どうなのか?。



といった疑問をもたれるかと思いますが、日本格付研究所の評価
は、セントラル短資は「A- 」と高格付けとなっています。



一方のネット証券最大手のSBI イー・トレード証券は、「BBB+」
の高格付けを得ている状態です。



ネット証券は、FX専業の取引会社と比較した場合どうしても、FX
取引を行なった際の、手数料、スプレッド、スワップポイントなど
のサービス面で劣るケースが多いようです。



ネット証券の多くは株式が主流ですので、FXや、商品先物などの
関連事業にはあまり予算を割いていないのが現状です。



しかし、証券会社のメリットととしては色々な金融商品に投資する
ことによって得られるサービスもございます。



ですので、後は、そういったデメリットとメリットのどちらを重視する
か、しないか、という問題となります。



もし、株式投資をメインにおこなっていて、FXや先物は少しだけ行
なう程度であればネット証券でよいと思います。



しかし、今後FX取引を重点的に行ないたいのであれば、FXを専業
とする取引会社を選ぶほうがよいとおもいます。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : スプレッド スワップポイント

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。