スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







為替相場を動かす主な要因について

一日の取引量が100兆円を軽く超える外国為替市場におきまして、意外に思われる
かもしれませんが、実際に人を介したリアルに物やサービスの取引で、外国通貨の
交換が必要とする「実需」は20%程度と、言われていおります。



それでは、一体全体、残りの80%は「どのような目的で取引が行われているのか?」
といいますと、実は投資や投機によるものなのです。



株式市場をはじめ、その他の投資及び投機市場がそうであるように、通貨の価値を
計る価格も、「買いたい人」「売りたい人」の需給バランスによって形成されます。



その需給を動かす人的要因として主に挙げられるのは「景気の雲行きが怪しいから、
手放したい」「金利の高い通貨に投資したい」といった人間の心理です。



実際に、ここ最近ではイスラエルとパレスチナをはじめ中東やアジアで戦争が勃発し
た時の例をみても分かるとおり、国際的な紛争や、テロが発生するといった地政学的
リスクが高まることで相場全体が活況となります。



そして、各国の中央銀行が強調しながら為替市場へ介入したり、または蔵相や中央
銀行総裁などの要人の発言も相場に与える影響は非常に大きいので、常に耳を傾け
る必要があります。せめて主要国だけでもチェックするようにすべきです。



また、為替レートを形成するの主な要因として通貨国同士の関係にあります。なので、
必ずしもポンド・ドル、ポンド・円の関係とは一致しません。こうした背景には為替レート
は二国間の力関係のもとに形成される点が要因としてあげられます。



こうした点を考慮しながら、為替市場でのポンドの動きを伺うと、より相場の方向性が
明確になります。そして、今現在、英国は景気減速感が高まってますので、政府や、
中央銀行の要人の発言がこれまで以上に注目されることになります。



こうした状況下では、混乱からつい失言を発してしまう場面に遭遇することもしばしば
あります。ですので、見逃すことはできません。



そして、繰り返しになりますが、もし、を中心に売買するのであれば、英国だけ
ではなく、米国をはじめ、ユーロ、日本の主要とされる経済指標や政府および中央
銀行の要人の発言にも注意する必要があります。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 投機

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。