スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ポンドは超短期売買で様子見



『ポンドで始める外貨投資入門』


ポンド対円相場:横ばい傾向へ

<先週の相場の出来事:週後半に反発>


(今後の注目点)

上値が限界に達していることから、様子を伺いな逆張りで。


先週からポンド円も高値から10円前後の調整に入りました。


そして今現在は中間地点まで反発しておりますが、今現在、原油高
やサブプライムローン問題など、経験則が役に立たないような状態
にあるため、ここからの動きは非常に読みにくいです。



テクニカル的には、雲上限が下値支持線として機能しており、その
雲上限が来週から上がりだす状態にありますので、230円台前半
は、十分いけそうな雰囲気です。



当面は資金を抑えて超短期売買に徹し、230~240円の逆張りで
様子を見るのがよいかと思います。



<イギリスの指標スケジュール>


10月29日(月)

マネーサプライM4

M4貸出残高(9月)

消費者信用残高(9月)

住宅証券融資高(9月)



10月31日(水)

GFK消費者信頼感調査(10月)




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







スポンサーサイト

tag : 逆張り

ポンド対円相場、8月第5週目について


≪ポンドで始める外貨投資入門≫


ポンド対円相場:上昇傾向

<先週の相場の出来事:反転上昇しました>

(今後の注目点)
  
上値が限界に達している感あり、買いは見送るべき。


ポンド対円も、ユーロ対円と似たような状況におかれており、
短期的にみれば、ユーロよりも幾分足元が覚束ない状況下
にあると思います。


ですので、しばらくの間は、余程のことがない限り235円以上
に定着することは難しいように思います。


体勢を立て直して再び240円台を狙うためには、9月にかけて
230円台前半をしっかりを固めることが必要だと思います。


もし、逆に230円割れとなった場合は下値不安増大を意味する
こととなりますので十分注意する必要があります。


<イギリスの指標スケジュール>


8/31(金)      FK消費者信頼感調査(8月)




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※ポンドへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ポンドおよび外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、利用者さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の
責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







英国の株式市場の動きに注意



『ポンドで始める外貨投資入門』


ポンド対円相場:下落傾向へ


<先週の相場の出来事:大幅下落>


(今後の注目点)

英バークレイの負債による金融市場の混乱に注意



今週、英バークレイのサブプライムローンの焦げ付きから日本円
にして約3000億円の損失を計上したことが発表されました。



これにより、ロンドン株式市場では、連想売りから銀行株が売られ、
FT100種平均株価指数が前日比72.5ポイント安で引けました。


上述したことからポンドは大きく売られました。


225円をはさんでもみあう展開が予想されるも、225円割れに後退
した場合の次の支持線は8月安値の220円です。



仮に買方優勢となった局面でも230円台前半では頭打ちになり、
再び買い方が劣勢にたたされることとなりそうです。




<イギリスの指標スケジュール>


11月19日(月)

ライトムーブ住宅価格(11月)



11月20日(火)

マネーサプライM4(10月)



11月21日(水)

英国中銀議事録(11月分)



11月23日(金)

GDP(第3四半期)

個人消費(第3四半期)





応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドイツ中銀要人発言で相場混乱?



『ポンドで始める外貨投資入門』


ポンド対円相場:横ばい傾向へ


<先週の相場の出来事:240円超え目前>


(今後の注目点)

上値が限界に達している感あり、様子を伺いながら押し目買い。



今週はウェーバー独連邦銀行総裁の発言により、ECBが追加利上
げを行なう可能性がたかまったことから相場が圧迫しました。



土曜の時点で239円台をつけており、まだしばらくは押し目買い基調
が続くと思われますが、金曜日の時点では5週間ぶりで週足陰線と
なりましたので、来週は236円まで一旦押す可能性がありそうです。



また、9月に襲った、英金融市場の混乱が顕在化する可能性も全く
なくなったわけではないので、注視する必要があると思います。



<イギリスの指標スケジュール>


10月16日(火)

消費者物価指数(9月) 

小売物価指数(9月) 


10月17日(水)

英国中銀議事録

失業率(9月) 

製造業単位労働コスト(8月)


10月18日(木)

小売売上高指数

マネーサプライM4


10月19日(金)

GDP(第3四半期)




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ポンドおよび外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、利用者さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方は、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







ポンドは値動きが荒いので注意!


『ポンドで始める外貨投資入門』


ポンド対円相場:下落傾向へ


<先週の相場の出来事:大幅下落>


(今後の注目点)

米国市場の影響から金融市場の混乱に注意



レンジが235~245円に切り上がっており、また235円にある
週足・基準線/転換線の関係で下値は相当固いと思っていた
のですが、それを嘲笑うかのように大幅下落しました。



235~238円で値固めができれば240円台定着することを期待
していたのですが、米国市場にて景気の先行き不安がさらに高
まったことにより金融市場が混乱しております。



また、ロンドン株式市場では、サブプライムローン問題に絡む
金融機関の損失拡大懸念などを背景にFT100種平均株価指
数が3日続落しております。



今後、サブプライムローン問題の損失によって、英国の大手
金融機関のトップの辞任などが、予想されます。



来週以降もしばらく混乱が続くと思いますので、しばらくは
超短期に徹するか、静観するのがよいかと思います。




<イギリスの指標スケジュール>


11月12日(月)

生産者物価指数(10月)


11月13日(火)

消費者物価指数(10月)

小売物価指数(10月)

小売物価指数(10月)


11月14日(水)

失業率(10月)

英国中銀四半期インフレ報告


11月15日(木)

小売売上高(10月)




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







年内の追加利上げ後退する



≪ポンドで始める外貨投資入門≫


ポンド対円相場:横ばい傾向へ


<先週の相場の出来事:大きな動きはみられず>


(今後の注目点)

上値が限界に達している感あり、様子見スタンスで。


インフレ懸念が高まる中、金融市場の信用不安から英中銀は
政策金利据え置くことを決定しました。


また、年内の追加利上げは後退することとなりそうです。


そして、来週のポンド相場ですが、引き続き値動きが小さく
なることが予想されます。


ポンド円の行方についてですが、どちらにプレイクするかで
大きく命運を分けそうです。


230円付近で下値を固めてから上値突破を目指す展開となるか、
もしくは大台割れして220円台前半まで下げるのか。


いずれにしても起点となる動きに注目です。




<イギリスの指標スケジュール>


9/10(月)

生産者物価指数(8月/コア/季調済/月比)


9/10(月)

生産者物価指数(8月/コア/季調前/年比)


9/11(火)

貿易収支(7月)


9/12(水)

失業率(8月/社会保障受給)




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※ポンドへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ポンドおよび外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、利用者さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の
責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







ECBはこれもでの強硬路線を貫けるか?


今月7日に欧州中央銀行(ECB)は理事会が開催されれるにあたり、
世界的な景気減速を回避するために協調利下げが望まれてます。



しかし、市場関係者の多くは、ECBは今回も政策金利を4.0%に
据え置くと予想しております。



これまでECBは、ユーロ圏でのインフレ化が進んでいることを
盾に、利下することを拒んでおります。



もっとも実際に1月のユーロ圏消費者物価指数が統計開始以来
最も高い上昇率を記録しております。



なので、利下げを回避したいとする思惑が強いのですが、スペ
インやイタリアの成長失速の兆候が顕在化しているので、こう
した動きが今回の理事会でどのように問われるか注目です。


ECBの金利発表はトリシェ総裁の記者会見の場で発表されます。


金利発表時に景気減速リスクが強調されるか、もしくは、イン
フレに関しての発言がさらに強調されるのか?も注目です。



しかし、英国があれほどまでに、インフレ化が進んでいるにも
かかわらず、インフレリスクよりも景気減速に対するリスクを
取って利下げしたので、ECBもと、考えるのは早いと思います。



そうはいっても、米国がこのまま利下げを進めていくのであれ
ば、ECBもやはり、6月末までに3.75%、08年末までに3.5%
に引き下げることを回避することは難しいと思います。



今現在、FRBとECBは世界の2大中央銀行であるわけですが、これ
まで双方の政策運営に関する取り組みは大きく異なりました。



しかし、今現在、政財界からECBに対する執拗な圧力が強まって
いることを考えると、態度を軟化させる必要がありそうです。



一方、ポンドの動きに関してですが、210円割れの場面では反発
が繰り返されていることから、突っ込み警戒感も台頭してます。



もし、210円台以上をキープできるのであれば、40円前後の下落
に対する修正高場面を迎える可能性もありそうです。



反対に、200円台に突入下場合は、当面の底値である可能性が高
いので、一気に100円台まで下落する可能性は低そうです。



<PR>
2~3営業日で開設可能 手数料0円のサイバーエージェントFX






応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ポンド・円、240円を目指す展開へ



ポンド対円相場:上昇傾向へ


<先週の相場の出来事:上抜け確認>


(今後の注目点)

上値が限界に達している感あり、様子を伺いながら押し目買い。



これまで、大きな動きがなく狭いレンジを行ったり来たりするだけ
の方向性がつかめない低調な動きが続いておりました。



そんな中、決して大きな動きではないですが、今週ようやく上方向
へ相場は動き出すこととなりました。



そして、前日に発表された米雇用統計の非農業部門雇用者数が市場
予想を大きく上回ったことから、米国経済が堅調な状態にあることが
確認されたことを世界の金融市場が好感しております。


こうしたことから、ポンド・円も後も238円台に推移しております。


来週以降、まずは240~243円を目指す動きを期待したいところです。



<イギリスの指標スケジュール>


10月 8日

鉱工業生産(前月比) 

生産者物価指数


10月 9日(火)

貿易収支(8月) 



応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ポンドおよび外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違い
を含め、利用者さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方は、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







tag : ポンド 米雇用統計

今だ米ドルを下回ったことがない

英ポンドの、ある意味凄いところは変動相場制がスタートした後も1ポンド
が1ドルを下回ったことがないことです。


経済の黄金時代を過ぎるとすぐに基軸通貨の座を米ドルに譲ることになりま
したが、だからといって、外為市場において今後も英ポンドが米ドルを下回
るとは想定していないようです。


こう書くと非常に安定しているように思われるかもしれませんが、過去2~3
年において短期的に見た場合の値動きはユーロや日本円と比べると大きいよ
うに思います。


1ヶ月に10円程度の変動があっても不思議ではない状態が結構ありました。


ユーロ誕生以降、対ユーロでのポンド取引が増えるにつれて、英ポンド・円
の相場動向を予測する場合におきましても、ユーロに対する英ポンドの値動
きを抜きに考えることは難しいでしょう。


為替動向をチェックするにはこちら

投資に役立つ情報満載のサイトはこちら


世界が一目で分かるニュースサイトはこちら





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

為替ポンドでFX初心者がデッカク稼ぐ為替ポンド入門トップへ







テーマ : マージンFX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

230円超の戻り売りに注意



『ポンドで始める外貨投資入門』


ポンド対円相場:上昇傾向へ


<先週の相場の出来事:小幅ながら反発する>

(今後の注目点)

上値限界のため、230円超の戻り売りに注意



コーンFRB副議長に続き、バーナンキFRB議長も追加利下げを示唆
する発言を受け、ロンドン株式市場は朝方から買いが先行しました。



欧米株式市場が堅調に推移したことにより、投資家のリスク許容度
が拡大し、ドル買い・円売りを誘うこととなりました。



この結果、辛うじて週足・雲の中にチャートが舞い戻ることとなり、
一旦は中期売り転換することを阻止できた格好になりました。



しかし、230円超では強い抵抗線が存在していますので、再び強い
圧力をかけられることとなりそうです。



ですので、来週以降これを突破して230円台定着を図れるかが大き
な鍵となるわけですが、週末の米雇用統計に注意したいです。




<イギリスの指標スケジュール>


12月3日(月)

PMI製造業(11月)



12月5日(水)

外貨準備高(11月)

サービス業PMI(11月)



12月6日(木)

鉱工業生産(10月)

鉱工業生産指数(10月)

製造業生産高(10月)

製造業生産高(10月)

BOE政策金利発表



12月7日(金)

NIESR GDP予想(11月) 




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







テーマ : 為替取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ロンドン

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。