スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ロイター買収交渉を認める



読売新聞の記事によりますと、カナダの金融情報サービス大手トムソンは、
英金融情報・メディア大手ロイター・グループの買収に向けた交渉を認める
声明を以下のとおり発表したもようです。


     「ロイター取締役会に予備的な接触をした。
           正式な買収提案には至らないかも知れない」



          「適切な時期にさらなる発表をする」



このため、正式提案について近く結論を下す可能性を示唆しております。


一方、今回の大型買収案件について英メディアの報道では、トムソンによる
ロイターの買収総額は約76億ポンド(約1兆8000億円)以上と試算されています。



仮に、ロイター買収に成功すれば、金融情報サービス業のトップにある米ブルーム
バーグを抜いて世界最大の金融情報サービス企業となるもようです。





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

為替ポンドで始める外貨投資入門トップへ







スポンサーサイト

6年前のポンド相場



ポンド対円相場:上昇傾向へ


<先週の相場の出来事:小幅ながら反発する>

(今後の注目点)

上値限界のため、230円超の戻り売りに注意



コーンFRB副議長に続き、バーナンキFRB議長も追加利下げを示唆
する発言を受け、ロンドン株式市場は朝方から買いが先行しました。



欧米株式市場が堅調に推移したことにより、投資家のリスク許容度
が拡大し、ドル買い・円売りを誘うこととなりました。



この結果、辛うじて週足・雲の中にチャートが舞い戻ることとなり、
一旦は中期売り転換することを阻止できた格好になりました。



しかし、230円超では強い抵抗線が存在していますので、再び強い
圧力をかけられることとなりそうです。



ですので、来週以降これを突破して230円台定着を図れるかが大き
な鍵となるわけですが、週末の米雇用統計に注意したいです。




<イギリスの指標スケジュール>


12月3日(月)

PMI製造業(11月)



12月5日(水)

外貨準備高(11月)

サービス業PMI(11月)



12月6日(木)

鉱工業生産(10月)

鉱工業生産指数(10月)

製造業生産高(10月)

製造業生産高(10月)

BOE政策金利発表



12月7日(金)

NIESR GDP予想(11月) 








テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ポンド 外貨投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。