スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ポンド対円相場、7月第1週目について



<ポンドで始める外貨投資入門>


ポンド対円相場:横ばい傾向


<先週の相場の出来事:後半回復>


(今後の注目点)
  
押目買い、金利動向次第


今週の大幅続伸は一旦利食い、逆に週頭に調整安の場合は拾う手もあり
とするも、結果的には押しが先に入る格好となりました。



その後の戻りで、すでに底固さを取り戻し、再び基調を強めていること
から、順当にいけば目標値は250円。



テクニカル的には、日足引値の転換線(246円)割れと来週末時点での247円
以上定着失敗はネガティブな要因となります。


この場合は様子見も含めて慎重に対応する必要がございます。



<イギリスの指標スケジュール>


7/2 (月)      製造業PMI(6月)


7/4 (水)      サービス業PMI(6月)


7/5 (木)      英国中銀政策金利発表


7/6 (金)      鉱工業生産、製造業生産(5月)
             



応援クリック何卒宜しくお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







スポンサーサイト

6月英小売販売指数は予想下回る



<ポンドで始める外貨投資入門>


英産業連盟(CBI)が6月の小売販売指数を発表しました。


発表された小売販売指数の中身ですが、悪天候や金利上昇が大きく響いたこと
から、前月から低下することとなったもようです。


6月の小売販売指数はプラス17と前月のプラス31から低下することとなりました。



これは昨年11月以来の低水準となり、英産業連盟の調査委員会の代表、ジョン
ロングウォース氏は今回の小売販売指数について以下の通り述べています。




    「今回の調査は借入コストの上昇を受け、消費者
     が支出を控えていることを示している」




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんの
で予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







ブラウン英首相が就任



<ポンドで始める外貨投資入門>


現地時間の27日に英国のトニー・ブレア首相が退任したことによりまして、
ゴードン・ブラウン財務相が同日に、エリザベス女王から首相に任命され
ることとなり、また英首相交代は10年ぶりとなります。



読売新聞の記事によりますと、西欧の主要国におきまして2005年以来、
ドイツ、イタリア、フランスにて政権交代が続いていることから、新首相
の登場で欧州の政治は新指導者の時代に入るとされております。



ブレア氏は27日昼、議会下院で最後の党首討論を行った後、バッキンガム
宮殿でエリザベス女王に辞表を提出したもようです。



今後、28日に新内閣の名簿が発表される予定にありますブラウン新首相は
首相官邸前で演説し以下の通り述べました。


  
             「変革の作業に着手しよう」




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんの
で予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







<ポンド対円相場>6月第5週相場予想



<ポンドで始める外貨投資入門>


ポンド対円相場:上昇傾向


<先週の相場の出来事:強地合い>


(今後の注目点)
  
押目買い、金利動向次第


先週の上昇で1992年につけた高値250円に徐々に接近しつつあります。


日足・週足上での抵抗線が無い関係で、当面の目標値はこの250円
しかない状況にあります。



そして、予想より早いテンポで接近していることや到達した場合の
達成感台頭などを考えると来週も一気に大幅続伸した場合は短期的
に利食いを優先するのがよいかもしれません。



また、逆に続伸の前に245~246円まで軽く調整を入れた場合は引き
続き押目買い方針を固めます。



<イギリスの指標スケジュール>


6/29(金)      GDP確報値(第1四半期)

              経常収支(第1四半期)
           
                 GFK消費者信頼感調査(6月)



応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の責任を負いませんの
で予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







英インフレ期待高まる


≪ポンドで始める外貨投資入門≫


イングランド銀行は、四半期報告を公表しました。


2005年以降の国内インフレ期待の高まりは、総合インフレ率の上昇、エネルギー
および食品価格の上昇、そして過剰なマスコミの報道などが影響した可能性が
あるとの見方を示したことが明かになったもようです。



イングランド銀行内では、個人や企業のインフレ期待が高まることにより、賃上
げ要求や、値上げが相次ぐことが予想され、インフレスパイラルが起きる可能性
がたかまる懸念が出ております。



イングランド銀行の最新調査では、5月時点の期待インフレ率は2.7%で、99年の
調査開始以来最高となった今年2月と並ぶこととなりました。



四半期報告は、こうしたインフレ期待の上昇について、総合インフレ率の上昇や、
食品・ガス・電気などが物価が上昇したことが原因だと指摘しております。



また、メディアでインフレに関する話が報じられたことも、足元の物価認識と
将来のインフレ予想に影響を与えた可能性があるとの見方を示しております。
 


ここ数年、様々な優遇措置をとったことが功を奏し、海外からの資金がロンドン
市場に流入することとなりました。


しかし、インフレリスクととも、ポンドの値動きの荒さから、FXをはじめとした
外貨投資商品投資されている方にとっては、まさにジェットコースターに
でも乗っている気分ではないでしょうか。


外貨投資といっても幅広く、外貨預金や、外貨MMFのような安定した商品や、
外債や、外国投信のように長期目的の金融商品もございます。



今後、どのような形でイングランド銀行が市場をコントロールするか、常に中銀
の要人発言に注目する必要があるかと思います。




応援クリックお願いします。

FC2 ブログランキングへ

人気blogランキングへ




※ポンドへの投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ポンドおよび外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、利用者さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方は一切の
責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。