スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







英中銀の政策金利発表時に注意する


世界的に金融不安が広がったことにより、世界景気が大きく後退して
いるわけですが、そんな中、これまで景気が過熱し、インフレリスクに
脅かされていた英国が一転してデフレ化に悩まされています。



デフレが進んでいるということは、それだけ景気が悪化していることで
すが、景気を上向かせる手段としてイングランド銀行は過去50年間で
最大規模となる大幅な利下げを行ないました。



高金利であることが英ポンドの大きな魅力だったわけですが、ここにき
て2%台まで利下げしたことにより、魅力がその分下がったことを嫌気
され、英ポンドは大きく売られることとなりました。



当然といえば、当然のことなのですが、来年以降も景気が回復に向かう
要素が全くといっていいほどないので、英国だけでなく、米国やユーロ圏
の経済指標や金融政策の発表時には注意が必要です。



特に、市場参加者は神経質になっていますので、過剰に数値に反応する
ことが予想されています。来年も利下げが繰り返される可能性が高いの
で利下げされる場面でも大きく売られると思います。



本来であれば、米国の政策金利に合わせて相場を安定させたいところで
すが、米国はすでに政策金利を過去最低の水準にまで利下げしています。



今の段階で、英国やユーロが金利ゼロの水準にまで利下げする必要性も
ないわけですが、今後は折をみながら近づいていくと思います。



ですので、為替差益を狙ってでFX取引を行なわれるのであれば
これまで以上に、金融政策の発表時には注意してください。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : イングランド銀行

政策金利の低下でポンドの魅力半減


FXなど外国為替取引をする場合は、実際に外貨を買い付けたときの
為替レートと、外貨を売却したときの為替レートの差額によって利益
もしくは損益が生まれる仕組になっています。



ちなみに、この為替差益のことをキャピタルゲインといい、為替差損を
キャピタルロスといいます。基本的にFX取引の場合はこのキャピタル
ゲインを主な目的として取引されている方が多いです。



FX取引は取引される金利差から発生するスワップポイントを得るため
の取引も個人投資家の間で人気がありました。



しかし、ご存知の通り今現在は米国経済が混乱してるため、ドル売りが
加速することで、他国の通貨にも大きな影響を及ぼしています。



ポンドも例外ではなく、高金利で有名だったわけですが、インフレリスク
が後退し、代わりにデフレリスクが台頭し、追加利下げを余儀なくされる
こととなり、およそ50年ぶりとなる2%台にまで低迷しています。



今後も追加利下げが行なわれる可能性は高いです。なので、スワップ
ポイントを狙うにしても以前ほどの旨みがありません。



また、乱高下が依然として激しい相場が続いている上に、米国の金融
当局がついにゼロ金利政策を実施することになったため、今後、ドル
安がさらに進むことが予想されています。



ドル安が進めば、円高が進み、他の主要国通貨が売られる傾向が強い
ので、中長期のポジションは十分注意する必要があります。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

英ポンドでの外貨投資が難しい局面へ


昨年からサブプライムローン問題の焦げ付き問題による信用不安から
大手金融機関が致命的な損失を拡大し、瀕死の状態に喘いでます。



あの、シティーグループでさえ、業績を改善するどころか、たった1年で
破綻寸前にまで追い込まれたわけですから、いかに今回の金融危機が
根が深い問題か如実に物語っていると思います。



英ポンドもたった数ヶ月でそれまでの半分くらいの水準にまで暴落する
こととなり、文字通り大暴落となりました。依然として回復する気配が無
いまま、英国金融当局は政策金利の利下げに踏み切りました。



およそ50年ぶりとなる水準にまで利下げしたことによって、英国だけで
はなく、ユーロ圏の国々にも大きな影響を及ぼしそうです。



7月の時点ではは210円台にあった英ポンドですが、その後は一気に
売られることとなり、130円台まで下落しています。



その後、暴落する勢いに軒並み10円~20円もの値幅をつけて乱高下
しながら大きく下落していますので、もし外貨を1万通貨買っていたら、
たった数日の間に20万円前後も損失するという計算になります。



損切を実行せずにレバレッジをかけて10万通貨も保有したままの状態
であれば、100~200万円の大損失となってしまいます。円高が進ん
だことにより、FX取引会社の新規顧客争奪戦が激化しています。



テレビコマーシャルに広告をだすほどですが、今後はいかにFX取引の
投資効果の高さをアピールするかがカギになると思います。



しかし、こうした状況下で利益をあげるのは容易ではありません。相場
に翻弄されない為にも、FX(外国証拠金取引)を初めとした外貨商品に
投資しする場合は、これまで以上にリスク管理が非常に重要です。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

FXバーチャルトレードで相場感を養う

FXは不況の中で異常なまでに人気が高まっていますが、残念ながら
FXは決して全ての投資家を豊かにする夢のようなな金融商品では無
いので儲かる人とそうでない人とに別れます。



ですので、当然のことながら相場によって間違ったトレードを行なえば
必然的に大きな損失を被ることとなります。こうしたことは、FXに限ら
ずFX以外の投資商品にも言えることです。


実際に、今現在個人投資家向けに投資商品は沢山あります。


株式投資、FX(外国為替証拠金取引)、商品先物取引、日経225先物、
日経225mini、日経225オプション取引、eワラントetc。



こうした投資商品で利益を得られるようになるために、最低限、相場の
仕組みに関することは勉強しなければなりません。


FXと株式投資の違いについてパッと説明できますでしょうか?。


まず、FXの場合、24時間取引することが可能な点が他の投資商品
と比較した場合大きなメリットとなります。



また、証拠金取引・高いレバレッジ効果が得られる点も他の金融商品
と比較した場合、FXは断然優れていると思います。



レバレッジ効果を高めるFX投資の基本として、「思惑が外れたら即損
切り」、ですが、しかし、もし、最初からスワップポイントを得る目的で
FXを行なうのであれば無闇に損切りはできません。



FXには、FXなりの投資方があるので、もしこれからFX取引をはじめる
のであれば口座開設とともに、バ―チャルトレードを行なうことで実践
の勘を養うことも大切です。何も知らない状態では無謀すぎます。



もちろん、所詮バーチャルは仮想売買ですから、当然のことながら実
際の取引とは心理的なプレッシャーが全然違います。



しかし、仮想売買で勝てるならば、実際に売買しても勝てる確率は、
それなりのものがあるわけですから、バーチャルトレードを馬鹿にせず
試しにおこなってみることがとても大切だと思います。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。