スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外貨預金のリスクを抑える運用方法

を始めるのであれば、まずどの商品を選ぶかを決めなくてはなりません。また、
どの通貨で外貨預金をするかを決める必要があります。



外貨預金というと、一般的には米ドル預金ですが、世界的な金融危機の影響から日米
の金利差が逆転するという事態に陥っているため米ドル以外を考えるべきです。



実際に外貨預金ではFXほどではありませんが、ユーロ、英ポンド、豪ドルなどの主要国
通貨はほとんどの金融機関で取り扱っています。



本来であれば、英ポンドを中心に外貨預金をすべきといいたいところなのですが、ポンドも
大きく金利が低迷しています。また為替レートの乱高下が激しいところも気になります。



ですので、外貨預金を行なうのであればユーロを中心にスイスフラン、ポンド、豪ドルなど
他の通貨で分散しながら外貨預金を行なうべきです。その理由としては外貨預金で資産
運用するにあたり、為替動向を的確に予測することが非常に難しいからです。



ユーロ以外の通貨に関しては得られる情報が少ないです。プロと称される市場関係者でも
為替動向を予測するのは至難の技とされています。ですので、万一の事態に備えてリスク
を分散するためにも複数の通貨で運用すべきです。



ちなみに通貨分散の仕方ですが、例えばユーロ、スイスフラン、ポンドの3つの通貨で運用
するのであればユーロを50%、スイスフランを30%、ポンドを20%といった具合にリスク
の高い通貨の比率を下げて分散されることをおすすめします。



次に通貨が決まれば預ける期間を決めます。この預ける期間に関しても、外貨預金を始め
たばかりの方は、長期のものはあまりお勧めすることができません。



外貨預金というか投資の一つの手段として長期運用があげられますが、投資を始められ
た時期によって得られる結果が大きくことなります。



今現在の米国経済が大きく混乱したことによって、世界経済が大きく低迷しているので為替
相場のように短期間で乱高下する相場では長期の予想がたちません。



ですので、1~3ヶ月程度の外貨定期預金を選び、満期を迎える時に大きく円高が進んで
いないのであれば繰越します。また、大きく円高が進むような時には解約します。



また、都市銀行で外貨預金を行なうと両替の手数料がとてつもなく割高に設定されていま
すのでネットバンクで外貨預金を行なうことをおススメします。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 為替レート

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。