スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ポンドと英国のこれまでの経緯について



1990年初頭以外におきまして、イギリスの政治経済状況に起因した大幅なポンド安と同じような
状況に今現在あります。しかし、2007年までは長期的な好景気に沸いていました。



実際にイギリス金利の先高観を背景にポンドは日本円以外の主要通貨に対しても堅調に推移
していましたし、アメリカが利上げしても英国の金利差は一定水準が保たれていました。



しかし、好景気にありながらもイギリスは貿易収支と経常収支が大幅な赤字を続けていました。
これまで世界経済を支えているアメリカの巨額な経常赤字や貿易赤字が大変な問題となって
おりますが、こうした点ではイギリスも負けていません。



実際にイギリスも赤字を穴埋めする為に短期金利の水準を一定にする為の努力が必要といわ
れています。1980年代の終わりにかけて政策金利は15%近くございました。



驚愕に値する数字ですが、実際にインフレリスクが強すぎるために、政策金利を上げざるえな
かったわけですが、、その後は低下を続ける一方です。



イギリスは1990年代後半から本格的に住宅・不動産価格が大幅に上昇しています。住宅や、
不動産価格の大幅な上昇はアメリカや、オーストラリア、ニュージーランドなど、イギリス以外
の国でも見られた現象です。そしてバブルがはじけて大問題となったわけです。



これらの国で不動産価格がお大幅に上昇した理由の一つが、歴史的に極めて低い金利水準
が続いていた事であり、借り入れコストの軽減が過剰投資を誘発する元凶となりました。



1980年代後半の日本の不動産バブルの状況とよく似ております。しかし、日本の場合は金融
引き締めと不動産融資に対する総量規制の強化を同時に実施したことが失敗となりました。



欧米の金融当局者はしっかりと日本の失敗を学んでいるとこれまで豪語していました。過度の
金融引き締めがもたらす悪影響については十分承知しているはずですが、実際には日本と
同じような道を歩もうとしているので景気回復までは時間を要しそうです。



ポンドはご存知の通り値動きの激しい通貨なので、FXをはじめとした外貨投資でも人気の高い
通貨とされていますが、もし、これから本格的に外貨投資で資産運用を行うのであれば、上述
した点をしっかりと考慮する必要があります。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ポンド 外貨投資 資産運用

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。