スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







リスク管理とレバレッジの設定方法



金融不安がとてつもない勢いで広がっている中でポンド・円も例外なく大きく下落
することとなりました。たった数週間の間に20%前後下落したわけですから、
金融機関だけではなく、多くの事業に影響することになりそうです。



一般の個人投資家の方の中でもスワップポイントを狙ったFX取引を行なっている
方の中には大きな損失を被った方が続出してます。



こうした暴落局面にあってもリスクの許容範囲をしっかり把握した上で適切なレバ
レッジを設定すれば損失は最小限に抑えられます。



レバレッジに関しては色々多方面で言われていますが、売買に関してある程度経験を
積みながらスキルが高まるまでの間は3~5倍程度で取引されるほうがよいでしょう。



そして、スワップポイントを狙ったFX取引を行っている方の場合は売買スキル云々
に関わらず、やはり3~5倍程度のレバレッジを低めに設定して運用されるべきです。



そして、肝心のロスカットについてですが、どのような状況下にあったとしても相場
に入る前に必ずシュミレーションします。



具体的には例えば今現在ポンド・円が130円と仮定した場合129、128、127と円高が
進むにつれて、どこまで我慢するか、どこでロスカットするのかといったことを
決めてから相場に入ります。



相場に入ってしまってからでは冷静な判断は下しにくいので、必ず相場に入る前に
行なって下さい。利確するタイミング以上にロスカットのタイミングは重要なので
しっかり検討する必要があります。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ポンド FX

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。