スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FX取引で利益がでる仕組みについて


ここ数年で非常に人気が拡大したFXですが、その反面リスクが高い
金融商品として度々メディアでとりあげられているので、一般の方の
多くが不必要にFXは危険な取引と思われているようです。



実際にFX取引の基本的取引形態は相対取引となり、相対取引では、
取引する当事者間同士の契約がすべてとなります。



そしてFX取引では、株式投資のように証券取引所で定められる価格
では行われず、事業者(取引業者)側が提示する価格に顧客が同意
することによってはじめて取引成立となります。



上述したようにFXおよび外国為替には株式投資や、先物取引のよう
に実際に取引するめの取引所といったものがありません。



その時々の中心的な為替レートは存在しますが、実際に売買をいく
らで約定するかは常に取引業者と個人投資家間の契約となります。



ですので、取引される取引業者が重要になりますので、取引業者を
選ぶ場合は十分注意する必要がございます。



なぜなら、その取引業者が提示している為替レートは外国為替市場
の中心レートからかけ離れている場合があるかもしれないからです。



いくら売買手数料などの各種手数料が、他社と比較して安いからと
いっても、売買する時のレートが個人投資家に不利であれば、最終
的に利益を上げることは難しくなります。



また、新規で通貨を購入する時のレートがマーケット並みの価格で
設定されていたとしても、反対売買する時のレートがマーケットから
かけ離れている場合も十分ありえます。



もしくは、為替のレートはマーケット並みであったとしても、スワップ
ポイントが投資家に不利に設定されている可能性もあります。



為替に対して特別な知識がない場合、どの事業者が良心的で、どの
取引業者が悪徳なのか判断すること非常に難しいです。



往々にして、個人投資家は、手数料や証拠金(保証金:担保)が安い
という見せ掛けを重視してしまう傾向が高いので、後々色々なトラブル
に巻き込まれるケースが後を絶ちません。


重要なことはトータルで満足させる取引事業者を選ぶことです。


万が一その取引業者が倒産した場合において、担保として預けてお
いた証拠金はどうなるのかといった最悪の場合に想定しておくくらい
の慎重さがやはり必要ではないかと思います。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。