スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ポンドが大きく動く時を狙う取引方法


実際に英ポンドに限ったことではないのですが、主要国の経済指標や金融政策が発表され
る時は相場は大きく変動する場面が度々見受けられます。



基本的に英ポンドはイングランド中央銀行を含めた主要国の中央銀行の金融政策の突然の
変更にともない他の主要国通貨よりも大きく変動するケースが多く見受けられます。



上述させて頂いた主要国の中央銀行というのは、FRB(米国連邦準備制度理事会)と、ECB
(欧州中央銀行)の2つのことです。世界中で影響力を誇っています。



今のところ日本銀行は景気を刺激させるための金融政策が発表される予定はないのですが、
与える世界的な影響力は今後より一層強まると予測されています。



今のところ英ポンド・円相場に与える影響はさほどないように思われます。しかし、アメリカや
イギリスの金融政策が変更された場合は、ドル・円、ポンド・ドルの相場の動向にポンド・円
相場も影響されやすいので注意が必要です。



また、英ポンドに与える影響として、その他のものとしましては他国同様に経常収支、貿易
収支の動向を示す指標や、国内政局なども、英ポンドの変動に与える影響は大きいです。



そして、値動きが早い外為市場がもっとも強く反応するのも金融政策によるものだということ
を忘れないでください。それだけ金利が変動する場面では注目度は高いのです。



特に短期売買で英ポンドを中心にトレードを検討されている方は、重要な指標の発表前後に
十分注意する必要があります。そうしないと大きくやられてしまいます。



逆に言えば、上述した点を踏まえた上で取引すれば、大きく変動する場面に遭遇する可能性
が高いので、大きな利益を手にするチャンスが生まれます。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ポンド 外貨投資

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。