スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







基軸通貨の仕組とポンドとの関係



通貨とは国際貿易の取引通貨として主に使われます。


また各国の外貨準備金として備蓄することを国際通貨といいます。


第一次世界大戦まではが国際通貨とされていました。


その後、大英帝国といわれていた時代の英国のポンドが国際通貨
として流通することで世界の貿易が成り立っていたのです。



しかし、第二次世界大戦後は、世界の金の過半数を保有している
アメリカの通貨が国際通貨=基軸通貨として使われています。



以降、米ドルは基軸通貨として世界各国の通貨と取引されてます。


輸出、輸入などの貿易においても米ドルで支払われております。


近年では、米国経済および米国市場に対する懸念が高まっている
ことから、ユーロが第二の基軸通貨として台頭しております。



ですので、今現在では米ドルでのやり取りだけではなく、ユーロで
のやり取りも実際に増えております。



また、ユーロがドルに対して買われる局面では、ポンドも買われる
可能性が高まりますので注意が必要です。


スプレッド変更!レバレッジ変更!手数料0円の【ひまわり証券】



※ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ポンドで始める外貨投資入門トップへ







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 基軸通貨 米ドル ユーロ

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。