スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







FX取引で損失を抑える方法


FX取引を行う上で、いくら入念にテクニカル及びファンダ
メンタルズ分析を行って戦略を立てても、いざ相場に入る
と思惑が大きく外れることが少なくありません。



特にポンドの場合、通貨としての特徴として非常に乱高下
が激しいことがあげられますので、売買ルールを徹底しな
ければ、相場の波に飲み込まれてしまいます。



実際に為替相場で勝つには「これは駄目だ」と思ったさい
に速やかにポジションを閉じる、もしくは損きりが徹底的
にできるかどうかで決まると思います。



FX取引を始めたばかりのころは、仮に思惑が外れたとして
も、何とかポジションを保つことで何とか難を逃れようと思う
のですが、損失を膨らますだけの場合が多いです。



売買ルールをたてても、実行しなければ何の意味もないと
分っていながら、相場の動きに翻弄されてしまい、適切な
損切を実行することができません。



こうした事態を繰り返すことを避けるためにもロスカット
(損きり)をしっかりと実行できるようにストップオーダー
を必ず設定する必要があります。



実際にストップオーダーを設定するにもちょっとしたポイ
ントがありまして、現在値から近いところで設定してしま
いますと、頻繁にストップがかかり損切りさせられます。



また、反対に現在値から遠いところでストップを設定して
しまいますと、中々ストップがかからず、ストップがかか
ったときは損失が大きくなってしまいます。



ですので、ストップオーダーを設定するる目安として相場
の変動が大きいと場合は、ストップ幅を大きくとります。



反対に、相場の変動が小さい場合は、ストップ幅を小さく
し、取引する数量によってもストップ幅を変更します。



小額の取引であればストップ幅を大きくしても大丈夫です
が、取引額が多いときにはストップ幅を大きく設定してし
まいますと大損する可能性があるので注意が必要です。

<PR>手数料0円のサイバーエージェントFX




ポンドで始める外貨投資入門トップへ

ポンドへの投資は自己責任でお願いします。

外貨投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。