スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







英ポンドがユーロと連動して動くワケとは?


ポンドは基本的に値動きが大きいです。欧州エリアでの取引量は半端ではないため、
FX取引では、為替差益を狙った取引で人気の通貨です。



しかし、値動きが荒いのでFX取引をこれから始める方の場合は徹底してリスク管理
を行なわないと値動きに翻弄されます。



また、ポンドはユーロと連動して動く場面が多く見受けられます。



英国とユーロ圏が地理的な近いということもありますが、ユーロ導入が準備段階に
あった欧州通貨制度(EMS)に参加するほど、経済面で歩み寄っていた時代も
あったほど以前は密接していました。



最終的にはポンド危機が勃発したことによりEMSを離脱せざるえない状況に追い
込まれたのですが、今後ユーロに参加する可能性もゼロではないと思います。


今現在、イギリス経済も危機的状況にありますが、金の保有量が膨大なため、自ら
進んでユーロに加盟する可能性は低いでしょう。



しかし、今後もユーロと連動した動きを見せることに変りありません。



もし、英国がユーロ導入に踏み切ることになれば当然のことながら外国為替市場では
ポンドに与える影響は当然のことながら大きいと思います。



かつては大英帝国と呼ばれるほど経済的に発展していた英国ですが、近年では英国の
企業は次々と外国企業に買収されています。



その中でも、米国企業が特に多いのですが、海外企業による英国企業の買収のニュース
が報じられると外国為替市場では必然的にポンド買胃が殺到します。



そういった場面では大きく上昇することが度々見られます。



正式に決まる前に噂の段階でポンドを買い進めれば、正式に買収が決定した時点で大き
な利益を手にすることができるかもしれません。








テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ユーロ ポンド

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。