スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中長期のポジションは控えるべき理由


今現在、英ポンドは対円でみれば円安が進んだ状態にあります。値動きが大ききいので、短期
売買で的確に利益を積み上げていくことができる通貨といえます。現状を考えれば、中長期的
な視野をもって、取引するというのは難しいと思います。



しかし、注意しなければならない点が多くあります。FXをはじめとした外貨投資で英ポンドを中心
に取引する場合は、長期での運用は控えるべきです。売るに売れなくなる可能性が高いです。



今現在、日米にとどまらず、世界中の株式市場が値を戻しつつあります。こうした動きは米国の
動きに対して安心感が広がっていることから積極的に買われているわけです。



それでは、なぜ、経済的には底なし沼状態にある米国株は買われるのかといえば、毎月大量に
資金が注入されているので、小さなバブル現象が起こっています。



バブルはいずれはじけますので、その時に備えて十分注意する必要があります。場合によって
は米ドルと米国債が大きく暴落する可能性があります。



その時は、ポンドも連動して暴落する可能性が高いわけですから、FXでポンドを中心に取引され
ているのであれば、ポジションを縮小するのと、利確する幅を狭めて取引するべきです。







テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ポンド FX 外貨投資 米ドル

さらに詳しく調べる


 検索例  
ポンド FX スプレッドなどと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

ポンド FX 外貨投資 為替レート イングランド銀行 米ドル ユーロ 資産運用 英ポンド レバレッジ ポジション スワップポイント イギリス ロスカット 外貨預金 ポンド・円 ロンドン 逆張り 米雇用統計 スプレッド ロング 為替 ショート オー・ティー・シー取引 チャート マンチェスター・ユナイテッド ファンダメンタルズ 為替差益 香港市場 ウィリアム王子夫妻 過去 観戦 ウィンブルドン 外国為替 FX取引 リスク 経済 テクニカル分析 分散投資 基軸通貨 投機 貿易収支 通貨 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。